DHCメリロートは副作用がある?調べてみました。

DHCメリロート

メリロートって何?という方もおられるかもですが、メリロートとは、味からヨーロッパにかけて育つマメ科に属する植物の事なんです。

特殊な物質の名称というわけではなく、豆の仲間というようなイメージです。

 

このメリロート、むくみ解消や美容に良いと言われており、ダイエットも話題です。

 

DHCメリロートはそんなメリロートをDHCのサプリメントとして加工されたものなんです。

 

DHCメリロートは副作用がある?

DHCメリロートをネットで検索してみると、DHCメリロート 副作用というワードが出てきます。

 

これは何かというと、過去に厚生労働省へDHCメリロートが原因ではないか?と疑いのある肝機能障害が2件報告されたという実例があるからなんです。

 

あくまで完全に因果関係があるとまでは確定しなかったようですが・・・。

 

 

その他にもやはり使用したところ頭痛がひどくなった、倦怠感がすごいというように不満の声が出ているようでして、その結果、DHCメリロートは副作用があるというワードが検索結果に表示されているようです。

 

 

メリロート自体は効果あり!

前述の通り、メリロート自体は決して悪い物ではありません。

 

 

メリロートには腸に食べ物のカスが残らないようにする働きがあるのでダイエット効果があると注目されていますし、リンパの流れや血液の流れを改善してむくみ解消効果があると言われているサポニン等の成分が含まれているんです。

 

 

クマリンという物質も含まれていて、血液サラサラ効果もあるとされています。

 

ですから脚痩せにも期待大なんです。

 

せっかくメリロートは効果的なのに副作用はどうにかできないの?となりますよね。

 

なぜ副作用が起こるかというと、クマリンという成分の量が関わっているといえます。

 

ヨーロッパだと1日あたりの服用量は5mgと規定されていますが、日本の安全基準だと2倍以上の量飲んでも良いというような規定なんです。

 

 

なぜこういう違いが起きているのかはわかりませんが、この辺のズレによって、サプリメントとして販売はされているけど、使用すると副作用で体調を崩してしまうというケースが出ているわけです。

 

もちろん個人差があるお話ですし、DHCメリロートに限ってのお話

今回はDHCメリロートについて書きましたが、もちろん個人差があるお話ですし、DHCにしてもDHCメリロートに限ってのお話です。

メリロートは良くない!DHCのは全て使わない方がいい!という事では一切ありませんので、そちらだけ気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です